4

昔から「よく学びよく遊べ」と言われているように、私はよく勉強してよく遊ぶ、それが仕事と考えています。もちろん子供の年齢にもよります。
赤ちゃんの頃は寝るのが仕事などいえますが。私には小学生の娘がいて、最近も子供にそれが今の仕事だよと伝えました。実際にしていること、それは「よく学び」ということから宿題などの勉強はもちろんですが、興味をもったことに対する勉強は自主的にさせるようにしています。辞書を使って調べ学んでいく、本をたくさん読むなど。しかしあえて親からあれこれやりなさいとは言いません。「よく遊べ」という点については、周囲に同年齢の子供が減ってしまってなかなか実現できないなどはありますが、「○○で外で遊びたい」と言えば止めません。しかし今は治安的にもよくないので一人ということはさせていませんが・・・・・。中学生や高校生になったら勉強が仕事とだけと言えるのではないでしょうか。もちろん出会いなどは大事にしないといけません。休みを利用してバイトなどをするということで社会にも出て行くでしょう。しかしこれも仕事なんですよね。難しいことではありますが。やはり「勉強」が一番の仕事ではないかと私は考えます。

1

グリーンネックレスはあまり好きな植物ではありませんでしたが、こちらのショップのものはツヤツヤぷりぷりの葉のようだったので、一度挑戦してみようと購入してみました。届いた物は商品例の写真ほどボリュームはありませんでしたが、今まで見てきたグリーンネックレスとは全く別の物のように感じます。一緒に買ったちょっと背の高い鉢に植え替えたので、これから大きく長く育てたいと思います。ちなみにせっかくのまあるい葉が取れないようにと、ものすごく慎重な植え替えになりました(笑)

写真通りのぷっくり&ぷりぷりです。
5つ購入し4つは植え替え、1つは保険でそのまま様子見。旦那に見せたら「グリーンピース?食べれるの?」と見間違えるくらいまん丸で鮮やかな緑色です。ガーデニング好きな母に見せたら、「私も欲しい!」とのこと…笑
なので実家用にも4つ追加購入しました!ここのショップさんは商品がいいだけでなく梱包も丁寧で、手書きのお手紙、育て方の説明書など色々丁寧な気配りで好感が持てましたv初心者ですが大切に育てたいと思います。

1

元ゴルフ場後だけあって、とても広く、設備も充実しています。子供向には遊具の揃った子供広場やアスレチック、体を動かすのが好きな人にはジョギングやサイクリングコース、家族連れにはピクニック広場、絵画好きのかたには美術館と、多くの人のニーズを満たしてくれます。歩くのが好きな私は、吊り橋などのある散策コースを楽しみました。ここは目的に合わせた楽しみ方のできる公園です広い芝生でピクニックしたり、ジョギングしたり、ドッグランで犬を遊ばせたり、地面につきそうな満開の桜を楽しんだり、美術鑑賞をしたり、色々なたのしみ方ができる大好きな公園です。

花見の時期は満開の桜に囲まれた芝生の公園となります!また、広大なので場所取りもせずに楽しむことができます。のんびりと散歩するもよし、併設の世田谷美術館でまったりするのもよし、とにかくいい空気が流れている気がします*ちなみに世田谷美術館内のレストランでは結婚式なんかも挙げられます!!都会の喧騒から離れて、重厚な建物の中で行う式は、なかなかにステキだと思います。かくいう自分も1.5次会に使用させていただきました!すごくいいところですよ;)

1

HKの番組が好きであればぜひ一度行ってみてください。多くの番組の紹介コーナーや大河ドラマのセットの一部、紅白のグッツなどが展示されています。販売コーナーもあるのでファンには楽しいでしょう。
時より収録中のスタジオを窓の外から観覧できることがあります。小さい子供連れの家族から、若い人たち、そして、年配のグループまで、幅広いお客さんが来ていました。私は家族で行きました。室内なので、快適に過ごせました。主に、展示してあるセットや、パネルの横で写真を撮ったりしました。私が行ったタイミングでは、収録観覧は出来ませんでした。なので、次回行くときは、収録を観たいなと思っています。渋谷駅から直行バスもでていますが、大人料金4人なら駅からタクシーでも値段はそれほど変わりません。アニメのアフレコ体験は、子供向けと大人向けがあり楽しめます。 ジブリ美術館の「トトロぴょんぴょん」に
似た回転する模型装置(立体ゾートロープ)が「忍たま乱太郎」で有りましたが、動いているように見える様子は映像でしか見られないのが残念でした。 自分の顔を撮影してどの動物に似ているか判定してくれる装置は意外と面白かったです。子供から大人まで楽しめます。 お土産もNHK独自の品物がたくさんあります。入場料は大人でも¥200と安いのに施設はとても充実していて特に子連れには最適です。
また朝の連ドラから幼児向けの番組まであらゆる年齢層に対応する施設となっており、子供だけでなく大人も楽しめます。
一つ注意しなければならないのは、入場後すぐにロッカールームがあるのですが、ルートに従って進むと入場したところから少し離れた場所から退場することになります。
一旦退場してもチケットを見せれば再入場できますが、荷物を取りに戻るのが大変ですので最小限の荷物で行くのが賢明です。